お水はもちろんかき氷も売っていた 行きの写真はこれだけ・・
この景色に気分が洗われる 上りはもちろんだけど、下りもひざがガクガクして怖い
下りはあっと言う間 上ってくる人をはげましたり、脅かしたり
今日は朝一番はダイヤモンドヘッド登山へ。朝食後ホテルを出て、カピオラニ公園を通って、クレーター入口まで向かう。ツアーやバスで行くと1人あたり1ドルかかる入山料は車だと駐車場込みで車1台につき、5ドルですむ。
前回上った時は1月だったので、キツかったけど暑さがさほどでもなかった。しかし今回は思いっきり真夏で暑さに私はヘトヘト・・・オットと娘に完全に置いていかれた。写真を撮る元気もなくて、なんとか登頂、真夏の登山は誰にも勧めない>苦笑。下りでは赤ちゃんを抱いた日本人のお父さんとすれ違った、気持ちはわかるけど、抱いた赤ちゃんはぐったりしているし、大丈夫だったかな?

↑ブーゲンビレア
↓ピンクのプルメリア
↑ピンクのハイビ
↓赤いハイビは他ではあまり見かけなかった
白いブーゲンビレア、空に向かって咲いている
下りはスイスイ降りて、娘と登山口入り口に咲いているたくさんの花の写真を撮った。
帰りはバスやトロリーを待つことなく帰れる車でほんとに良かったと思った。
ホテルに戻ってきてしばらく休憩した後、RHSCにレイ・メイキングに行くことにした。11時からで着いたのが11時半、まだたくさん花が残っているのに、やらせてくれなかった>残念。なんでも10時半頃からずっと待っていなくちゃいけないらしい、たぶん我が家にはそんなことできない・・
がっかりしてホテルまで徒歩で戻ってから気を取り直してレナーズへマラサダを食べに行くことにした。レナ−ズのマラサダはハワイでは有名なポルトガル風ドーナッツ、お店はカパフル通りをあがったところにある。はじめて食べたけどこれが噂に違わず、ほんとにおいしい。中にクリームなどがはいったパフよりもやはりシンプルなマラサダが一番だった。
↑がっかりのわたし・・後ろの建物はワイキキのポリスステーション ↑アメリカっぽい看板
↑店の外にはベンチがあって、その場で食べられる、アツアツをくれるからその場で食べなきゃ

↓サンプルケーキの上にはリロとスティッチが

↑プレーンのマラサダは1個66セント
↓ちょっと日本ではありえないケーキの配色
↑マラサダのぬいぐるみ、さすがの娘も欲しがらなかった・・・

時節柄父の日デザインのケーキが多かった↓

車を17時には帰さないといけなかったので、急いでワードエリアへ向かった。ワイキキともアラモアナとも違うこのショッピングエリアが私はとても好き。ランチ時だったので、OLD SPAGHETTI HOUSE へ。マラサダを食べてまだ時間がたっていなかったせいとデイリーランチについてきたスープの量に、ほとんどパスタは食べられず。具合が悪くなりそうだった。

時間がなくて、ワードウエアハウスの中で、ぜひ行きたいと思っていたSilver and Socks by NOEへ。小さいお店だけど可愛いハワイアンジュエリーがたくさんおいてあって、けっこう安い。以前買ったプルメリアのピアスとお揃いのチャームを買ってとっても満足。今回のお土産はつとめてMADE IN HAWAIIのものにしようとホノルルクッキーカンパニーを選んだ。かわいいパイナップルの形をしたフルーツ味のショートブレッド。きれいなパッケージに入っているものから自宅用の簡単なものまで60ドル程買ったら、サンプラ−のおまけをくれた。フリーペーパーのクーポンの力はけっこう偉大だ。

車を返却するため4時半にホテルに戻り、私と娘はビーチへ出た。
オットが戻ってきて私は海からあがり、着替えてどこへ行ったのか・・・実はここだけ記憶がない・・。

6時半に二人が海から戻ってきて、夕食の買い出しに街へ出た。クヒオ通りにサンジェルマンがあるのでそこでふわふわの食パンを買い、
途中JCBプラザへ寄って、帰国日のタクシーの予約をお願いした。
DFSでジャックポットをして、フードパントリーでハムとチーズを買って部屋で夕食を取った。昼間のスープが効いていて、そんな食事で十分だった。

↑ブロッコリーのスープ、確かにおいしかったけど・・・
↓ホノルルクッキーカンパニー

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー