フレームOFFはこちら
小さい写真をクリックすると別ブラウザが開き、拡大します。
この地図はインフォメーションセンターでもらったリーフレットのものです
オットがまた朝早くやってきて4人で朝食を取った後、ダイヤモンド方面に向かう最初のトロリーでダイヤモンドヘッドの登山口に向かった。OLIOLIトロリーはバスや他のトロリーと違って、登山口まで行ってくれる。登山口で一人1ドルを支払って入場(1)した。トイレにに行き、記念写真を撮った後(2)、いよいよ登山がスタートした。登山口ではミネラルウオーターを売っていたが、すごく高いらしい。私達はちゃんとABCで買ってきたからね!
 陽射しもどんどん強くなってきた。最初はコンクリートで鋪装された道(3)を歩いていく、この調子なら楽勝ムード。しかしコンクリートの舗装路はあっと言う間に終わり、足元の悪いらせん状の山道(4)(5)を歩いていくことになる。4人並んでスタートしたが、この時点で若者二人はどんどん先に歩いていく、その後に私、母はマイペースで登っていった。だいぶしんどくなってきたあ〜って頃に展望台があった(6)ので休憩する。ミネラルが美味しい〜この後最初の76段の階段が待っている(7・・・写真からオットと娘が消えているのは、さっさと二人は行っちまったから)
 階段を上がり終えると、ちゃんとベンチがあって年配の人が休んでいた、休み休み、自分のペースで登ればいいのだ。階段の後は暗いトンネル(8)が約70m、以前はほんとうに真っ暗でダイヤモンドヘッド登山の必需品として懐中電灯があったけれど、今は足元に電気がついているので、そのまま歩いて行く。トンネルを抜けたら、いよいよ99段の階段、写真が思いっきりブレているの(9)は撮影者の体力の消耗具合とお考えを。階段をなんとか上がり終えしばらくすると、らせん階段(10)がある。これを登ると、噴火口外への出口に到着。ここから外へ出るのだが、頭をぶつけそうになるぐらい狭くて、かつお正月の大雨で水が溜まっていたため、出る人と戻る人で渋滞していた。私と母はオットと娘に追い付いた。
 外へ出ると風が気持ちよくて、やった〜という気分!!観察台に上がる最後の階段を上がったら、ワイキキの街が一望できた、感動。ぜいぜいいっていた呼吸もすっと楽になる気がした。
 
入場料を支払うとくれるチケット
どんどん人が登ってくるので、下山することにした。噴火口外への出口のところで登頂証明書を発行していたので、記念になると思って家族三人分の名前を書いて購入した。1枚につき2ドル。
行きに比べたら帰りの早いこと早いこと、あっという間に登山口まで戻ってきた。帰りのトロリーを待っていたら、ワイキキから来たタクシーがディスカウントをしてお客を誘っていた。空で帰るよりましだからだろう。タクシーに乗りこんでいるのはメインランドからの観光客がほとんど、日本人は大人しくトロリーを待っていた。もう11時近かったので、その30分の待ち時間に思いっきり日焼けした気がする。6才の娘もとっとこ登っていったし、60代の高齢者(?)も「たいしたことなかった」と言っていた。30〜40分もあれば登れるので、ハワイ旅行に来たらぜひ挑戦して欲しい。
←頂上三景
でもデジカメ写真では伝わらない美しさ
ダイヤモンドヘッドからワイキキへ戻り、ランチの買い出しの為にフードパントリーへ。ここは24時間営業のスーパーマーケット、いろんな食料品を扱っていて、見ているだけで楽しい。そこでパンやハム、フルーツを買い込み、ホテルへ戻った。
母は休憩するというので、2時少し前から3人でビーチへ遊びにいった。娘はハワイ3日目にしてやっとパパとビーチで遊べて楽しそうだった。1時間程遊んで部屋に戻り、シャワーを浴びた後、4人でDFSへ買い物に向かった。母は弟一家のおみやげを時間をかけて選んでいた。最初は義妹のぶんだけDFSで買い、後は違う店で買うと言っていたが、弟にはCK、義妹にはMAX.CO、姪達にはラルフのTシャツを購入した。子供用のラルフのTシャツが18ドル、普段そんな高級ブランドのものは買わないのでわからないけど、安いのだろうか?

オットは会社のサヨナラパーティがあるので午後6時頃、戻っていった。
夕飯は部屋でアメリカ生産の日清のカップラーメンを買って食べてみた。似て非なるものとはまさにこのことで、日本のもののほうがずっとおいしかった。ホテル4階でたまった洗濯物をランドリーにしかけて(洗いと乾燥で3ドル)、ホテル2階のネプチューンガーデンへ一人で行った。ここは火曜〜金曜はハワイ地元のアーティストのライブが手軽に聴けるのだ。木曜日はハワイで有名なウクレレ奏者ハーブオオタの息子、ハーブオオタjrのライブ。
ドリンクだけの席もあり、そこの通されて、ウエイターのイケメンぶりにまずびっくり。オーシャナリムはおじさんばっかり、将軍(和食レストラン)はオバちゃんばっかりに比べて、さすがファインダイニングのここは若めでかっこいい人ばかり。バージンチチをオーダーし今年初ライブはハワイか・・と思っていたら演奏がはじまった。ギターとベースと一緒に、♪ヘ・アロハ・ノ・オ・ホノルルや♪アイリメンバーユー♪ブルーハワイなど、誰もが知っているナンバーが多かったので、気楽に楽しめた。
1時間ほど聴いたところで、店を出た。ドリンク代にチップをいれて8ドル、ライブチャージもなかった。
バージン(ノンアルコール)チチ、ココナッツジュースとパインアップルジュースがミックス、美味しい!! ウクレレ界のスーパースター、ハーブオオタの息子ハーブオオタJr
部屋に戻ったら母と娘がトランプをしていた。その後、さよならパーティーを終えたオットがやってきたので、オットとふたりでまだ買い物に出かけた。「時計でも買えば〜」と話していたが,結局ABCで携帯のストラップを買っただけだった。一足先に帰国するオットにマウイ産のパイナップルワインを買って持っていってもらった。私とDFSで別れたあと、てっきりホテルへ戻って帰国準備をしたのかと思っていたら、しっかりナイキタウンで途中下車したらしい(後で言っていた)。
オットは明日早朝に帰国、残った女3人はホノルル動物園へ行く予定だ。

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー