7時半頃オットがバスでやってきた。トロリーがまだ動いていないからだ。
オットもミールクーポン持参できたので、4人でホテルのオーシャナリウムで朝食を取った。見事に2年前と同じメニューが並んでいた。
 ホテルの1階にダラーのオフィスができたので、そこで車を借りる予定になっていた。日本で保険を含むすべての料金を支払うパックになっていたので、クーポンを渡してキーをもらって・・というはずだったが、オットが何やら話していた。アップグレードをすすめられたそうだが、断ると、該当する
車がないので無料で2アップグレードだという・・・だったら最初からそう言いなさいって!2upした車は金色に光っていた。

←前回借りた車と同じダッジネオン。でも多少大きい車なのか乗り心地は確かに良かった。しかし・・
オアフ島地図、クリックすると大きくなります。
 レンタカーを借りるのも3回目とあって、順調にH1に入った。ハワイ大学、パンチボウル、空港などホノルルの中心を通って北へ向かっていく。ハワイは観光で食べている島だけあって、商業広告の禁止、ビルやマンションは洗濯物を外に干せない、外に向けている窓にカーテンは白に、と風致を厳しく管理していて町並みがきれいだ。

 EXIT8でH1を降りてH2から、ルート99、KAMEHAMEHA−HWYに入ると、とたんに田舎になり、のんきなムードがただよってくる。ドールパイナップルパビリオンのあるWAHIAUの街に近付くに連れて、赤土の畑が広がっていった。

←MNMにとって2年前のリベンジ、ドールパイナップルパビリオン

駐車場には大きく長いリムジンがたくさん、オプショナルツアー会社がやっている”リムジンで島内観光”でドールを訪れているからだろう→
95年に新婚旅行でここを訪ねた時はまだここまで観光地化していなかったし、無料でパイナップルのジュースが飲めたりしていたのに、ずいぶん変わっていた。中には巨大迷路、園内を走る機関車、ガーデンツアーなどがある。
パイナップルはこうやって”なる”。収穫まで20ヶ月ぐらいかかるらしい。 わかりにくいけれど、紫の花がみえる
パイナップルエクスプレス、オットと娘が乗車、でも何にもなかったらしい。
大人気のパイナップルソフト、美味 →
サイゴンレッドというベトナムのパイナップル
 オットと娘がパイナップル電車に乗車中、私と母はガーデンツアーに入っていた。ツアーと行っても庭園を自分で歩いてまわるだけだけど、南国のいろんな植物が見られて、とても良かった。電車組にカメラを渡してしまったので、写真がないのが残念。
 その後は売店の中でおみやげものを見たりした。娘が持っているパイナップルソフトは大人気で、ほとんどのお客さんが買い求めていた。アメリカ人さんたちは、カットパインをトッピングしたり、フルーツソースをかけたり、豪華なパフェにして食べていたが、そのままでも十分に美味しい。フルーツ系のジェラートが好きな人にはぜひお勧めしたい。母はここでおみやげを買うと店内を眺め、パイナップルのジャムをひとつ買い、店の外で開けてみてみんなで試食した。全員の「おいしい」評価がでて、6個もジャムを買った(母は帰国時のホノルル空港でそのジャムたちの重さに悩まされることになる)。私もパイナップルのフレーバーティーとジャムを2つ(その後母に譲ってしまう)、義母にパインの刺繍いりのTシャツを買った。 
何だかんだ2時間近くドールにいたので、そろそろ出発しようと車に乗ったら、運転手側のドアのガラスがガタンとはずれてしまった。
まったく何が2UPなんだと、なんとかガラスをドアに納めた。さすがアメリカのレンタカーだ。
NEXT

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー