年末年始のハワイは、日本の梅雨のようなお天気だったらしく、インターネットのホノルルの天気予報を見ながら、大丈夫かな〜と思いながら、お正月を過ごした。
娘は幼稚園が冬休みに入ってから。どこに行くにもマスクをして、手洗いとうがいを欠かさずしていた。わが子ながら感心する程、自分の体調管理をしっかりやっていた。そんな娘の努力が報われたのか、無事に出発の日を迎えた。

 オットはその日早起きをして国際免許証を取りに二俣川へ行った。国際免許はなくてもハワイで運転はできるので、今回は要らないかと話していたけど、念のため。

 12時半頃母が来て簡単な昼食を取り、15時過ぎに出発した。
家にいたって落ち着かないからだ。道路はほとんど渋滞もせず、17時過ぎに第一ターミナルに着き、車を預けた。

午後8時の成田空港、正月休み開けとあって、人も少ない
 電車なんかで出かける場合、誰か代表ひとりが切符を買いにいくことはよくある話しで、それと同じような感覚で第1ターミナルにオットを娘を残して、母と私が連絡バスで第2ターミナル向かい、チェックインをしに行った。ターミナル間はバスで10分程かかった。ところがJALのカウンターに航空券を出したら、搭乗者全員がいないとチェックインは出来ないという。幼児だからなんとかお願いしますと言っても聞き入れてくれず、母がまたバスに乗って娘を迎えに行く事になったしまった。そのころ第1のほうではオットの社員旅行に参加する人が続々と集まり、そんな中娘は不安になって少し泣いていたらしい。私はスーツケースのセキュリティチェックを既に受けていたので、その場を離れられず、母と娘をひたすら待った。そんなこんなで1時間近くもロスをしてしまい、3人がけの席をもらえなかった。
 その後、日本一高いであろうマックで食事を取り、どうにか時間を潰して9時20分頃リゾッチャの機体に乗り込んだ。
専用ゲートでは
ありませんヨ
ほぼ定刻でJL74便は離陸した。リゾッチャのCAはタイ人と見られる外国の人が多かったが、きれいな人ばかり。安定してから遅い夕食が出た。娘のチャイルドミールは可愛いランチボックスに入っていた。ただ夜10時半を軽くまわっていたのであまり食べられず、サンドイッチは母が食べていた。
セカンドフライト〜♪
行きも帰りもch5のキッズの音楽を
ずっと聴いてました。ヘッドフォン大好きになりました。
大人の機内食は時間もあってか和食が大人気。右側の牛肉ご飯はちょっとイマイチでも、左側の煮物やきんぴらごぼう、あずき入り葛ゼリーは美味しかった。前回のANAよりはずっとよい。
機長のアナウンスでは追い風のフライトは早く、6時間で着くと言っていた。3人とも寝ようとしたがなかなか寝られず、それでも母と娘は30分ぐらいはうとうとしていたようだけど、私はまたもや一睡も出来ずホノルル空港に到着した。

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー